販売製品PRODUCTS

すべての川に、安全を。危機管理型水位計

防災IoTモニタリングシステム

中小河川の水害対応力向上をloTでサポート!

防災IoTモニタリングシステム

私たちは50年以上に渡り、各地の地方自治体でいろいろな防災設備やシステムを提案し、施工・保守を行ってまいりました。
いつでも、その地域の防災に何が必要かを、地域の方と一緒に考えています。
そんな私たちが作る水位計には今までの経験を知識、防災への思いがつまっています。
低価格で電源不要。簡単に設置ができ、かつ高精度。メンテナンスフリー。
今求められている、日本の中小河川にぴったりな水位計をご提案します。

平成29年度 総務省 SCOPE 採択課題 技術基準適合証明対応
製品名 eWL001-D
水位の計測方法 レーダー式(76GHz)
制御方式 制御型/自律型危機管理水位計
価格 90万円
※1
SCOPE 総無料戦略的情報通信研究開発推進事業
情報通信技術(ICT)分野二おいて新規性に富む研究開発課題を広く公募・選考評価の上、研究を委託する競争的資金です。
※2
本製品は電波法に基づく技術基準適合証明に対応しています。

水位計 3つの特徴

1. 最新の無線技術を採用

自動車の自動運転技術を支える最新の76GHz帯ミリ波レーダーを防災機器へ応用し、高精度の水位計測を実現しました。最新の通信回線に対応し、LPWAとの組合せをいち早く実現しました。※2017年度 総務省「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」採択課題に選ばれ、開発支援を受けています。

2. 優れた保守性と発展性

完全メンテナンスフリーの非接触型水位計とLPWAの利用、さらに大容量バッテリーと組合せることで制御型水位計を実現しています。サーバーから保守や設定変更が可能なため、将来はAIを搭載するなど優れた発展性を有しています。

3.容易な設置と運用の確実性

水位計本体は小型軽量のため、橋梁など様々な場所に容易に設置できます。
またソーラーパネル、バッテリーと別体とした電源部は、日照を考慮した最適な場所に設置することが可能で、確実な運用を実現します。

施工実績・事例

事例1<福岡市>

「Fukuoka City LoRaWANTM」
活用中小河川監視システム
実証実験

福岡市が設置するLPWA(LoRaWAN™)を活用した実証実験を市内2箇所の橋で行っています。

事例2<藤枝市>

河川水位・雨量観測システム
整備事業

静岡県藤枝市 loT プラットフォームを活用し、藤枝市内の河川に水位計8ヵ所、雨量計2ヵ所を設置。WEB上で何時でも確認できる観測システムを構築しました。

事例3<横浜市>

国土交通省
革新的河川管理プロジェクト (第1弾)

国交省「革新的河川技術プロジェクト」に開発チームとして参加。横浜市内の河川で実験を行い、成果をあげました。

事例4<横浜市>

国土交通省
革新的河川管理プロジェクト (第2弾)

山形市で行われた国交省「革新的河川管理プロジェクト」の実証実験に参加。寒冷地での使用も問題なく、計測の成果をあげています。

システム概要

機器仕様一覧

電波式水位計eWL001-D

※1
取付金具を除く
水位計測方式 76GHzミリ波レーダー式
(ARIB STD-T48、送信電力10mW)
探知距離 1m〜20m
最小読取単位 1cm
観測精度 ±0.3%以下
観測間隔 5分(最小)
通信規格 LTE(Cat1) , LoRaWAN , SigFox
消費電力 最大2W
防水性能 IP55
重量※1 約3Kg

水圧式水位計eWL001-S

水位計測方式 水圧式
探知距離 〜20m
最小読取単位 1cm
観測精度 ±0.3%以下
観測間隔 5分(最小)
通信規格 LTE(Cat1) , LoRaWAN , SigFox
消費電力 1W以下
防水性能 IP55
重量※1 300g,ケーブル60g/m

電源BOX

※1
取付金具を除く
※2
関東地区の平均的な日照条件で、1時間1回水位通報の場合
容量 26Ah
無日照保証日数※2 9日(最大)
防水性能 IP55
重量※1 約13Kg

共通部分

品名 クラウド利用水位観測システム
形式 制御型/自律型危機管理水位計
構成 水位計、ソーラーパネル、電源BOX
電源 太陽光発電による自活電源
サーバー通信方式 無線通信によりゲートウェイ経由サーバー通信
システム型名 eWL001シリーズ水位観測システム

ソーラーパネル

※1
取付金具を除く
ソーラーパネル 20W
重量※1 約3kg

クラウドサーバー

方式 インターネットクラウド方式
サービス提供情報 水位、電源状態、その他保守情報
通報機能 設定水位を基準にメール通報
制御機能 水位観測の起動・終了および自動観測周期
データ保持期間 3年
設定 水位観測間隔、各種水位設定

お電話でのお問い合わせ

03-5246-4531 (全国・関東地区)

メールでのお問い合わせ