事例紹介CASE

ホーム

>

事例紹介

>

(独)情報通信研究機構 災害に強いワイヤレスネットワークの実現

省エネ 無線・有線通信技術 電気設備 防災システム 通信設備 建物・工場・施設

事例番号0058

(独)情報通信研究機構 災害に強いワイヤレスネットワークの実現

(独)情報通信研究機構殿(以下NICT)が東北大学内にて研究を行う「重層的ネットワーク」の機器設置を行いました。
震災が発生した際、複数の異なるネットワークを使用する事で対災害性を強化する技術を検証するものです。
研究について詳しい説明はNICT殿のサイトをご覧ください。
http://www.nict.go.jp/press/2013/03/18-1.html
http://www.nict.go.jp/reict/mesh/index.html

▼屋外情報設備局設置数及び基地局設置数
LED街路灯分離型屋外情報設備        3局
ワイヤレスメッシュテストベッド設備 基地局 22局

LED街路灯分離型屋外情報設備の設置

メッシュネットワーク内で発信された情報を表示する端末です。 通常時は一般向けのお知らせを表示しています。災害発生時は画面が切り替わり、個人情報を登録したICカードをかざす事により何処へ避難したか、誰が何処に避難したか表示する事が出来ます。また停電になった場合、発電機等の外部電源を接続し通信・街路灯の点灯を維持できます。 東北大学キャンパス内に3箇所しました。

LED街路灯夜間点灯状態

本工事で設置した街路灯はキャンパス内に調和するよう、既設照明の色温度に合わせました。

ワイヤレスメッシュテストベッド設備の設置

東北大学の一角へ複数の無線LAN装置・WiMAX装置を実装した局を22局設置しました。 LED街路灯分離型屋外情報設備にも同様の装置が組み込まれており、ワイヤレスメッシュテストベッドを構成しています。

LED街路灯分離型屋外情報設備 設置状況

設置時はトラッククレーン車を大学敷地内へ入講させ、周りの安全を確保して作業を行いました。

お電話でのお問い合わせ

0258-21-2500 (新潟・北陸地区)
03-5246-4531 (全国・関東地区)

メールでのお問い合わせ

販売商品で探す
eT001
AZ-BOARD
STAND GUARD
HYBRID-FAN